低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし避妊目的で使用する場合は保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も豊富にあります。では、どのようなピルで価格がどれくらいなのかをご紹介していきます。

緑色の飲み薬
  • ホーム
  • 低用量ピルは生理前後の骨盤痛の緩和と生ビールの影響

低用量ピルは生理前後の骨盤痛の緩和と生ビールの影響

女性が自らの意思だけで、確実に望まない妊娠を回避させることのできる避妊薬、として広く知られている低用量ピルには、妊娠を回避させるという効能以外にも、様々な効果が期待できるといわれており、日本女性ももっと積極的に服用をするべき薬なのです。
女性とは切り離して考えることのできない毎月の生理を、快適に、普段と同じ体調で過ごせるようにしてくれるので、生理痛に悩まされている方、生理不順で困っている方、生理前のイライラや骨盤周辺の激しい痛みに悩まされている方など、是非トライしてみましょう。
女性の生理は、約28日周期で訪れるといわれていますが、これが全く安定していない方も多く、いつ生理になるのかわからなくて、予定が立てられないという声も少なくありません。
また、生理期間中だけではなく、生理になる一週間ほど前から、吐き気や腹痛、頭痛やいらいらが強くなる方も多く、月経困難症や月経前症候群と呼ばれています。
低用量ピルを服用するようになると、ホルモンバランスが整うようになるので、このような症状が収まり、気分の落ち込みや高ぶりもなくなっていくでしょう。
同様に生理前にニキビが出来てしまう女性も多いですが、低用量ピルはこの治療に処方されることもあるようです。
ピルは、普段飲んでいる医薬品やサプリメントがある場合、注意をしなければならないものもあるので、処方してもらう際には必ず医師に服用中の薬やサプリについては申告しましょう。
また、喫煙習慣がある方も、血栓ができやすくなるので、服用できない場合もあります。
なお、生ビールなどの飲酒は全く問題ないので、同時に飲んでも大丈夫ですが、ピルは毎日決まった時間に飲んでこそ効果が出るものなので、飲酒が過ぎるとついつい飲み忘れてしまう方もいるので、注意が必要です。