低用量ピルは病院で処方してもらえます。しかし避妊目的で使用する場合は保険が適用されないので、病院によって値段は様々。さらに処方される低用量ピルの種類も豊富にあります。では、どのようなピルで価格がどれくらいなのかをご紹介していきます。

緑色の飲み薬
  • ホーム
  • 性行為時の避妊対策、婦人科学会でも低用量ピルを推奨

性行為時の避妊対策、婦人科学会でも低用量ピルを推奨

我が国においても、諸外国に遅ればせながら、ようやく数年前より低用量ピルが解禁となり、より安全にピルが服用できるようになり、女性に取ってはとても喜ばしい傾向です。
それまで日本で扱われていたピルは、中用量タイプとなり、ホルモン量も多いので、どうしても副作用が強く現れてしまうことも多く、飲みたいけれども、身体の不具合が強すぎて飲めない、と断念せざるを得ない女性も少なくありませんでした。
ピルは、避妊成功率が高いだけではなく、女性に取っては切り離して考えることのできない、毎月の生理時の様々な問題を改善させる効能があり、女性の日常生活の向上には、大変貢献度の高い医薬品なのです。
低用量ピルが開発されたことにより、副作用のリスクを減らしながら、ピルの持つ様々な効能を得られるようになったので、積極的に推奨する婦人科医も増えています。
婦人科学会でも、男女の性行為時における妊娠を回避させる手段としては、従来のコンドームよりも、ピルのほうが高い成功確率を誇っていると認めており、女性が望まない妊娠によって、中絶手術を強いられることのないようにするためにも、避妊は男性任せにせず、女性自らが低用量ピルの服用を習慣付ける方が良いといわれています。
毎日決まった時間に、飲み忘れることさえなければ、ほぼ百パーセントに近い確率で妊娠を防げるので、コンドームの破損による被害も防げます。
低用量ピルを飲むようになると、ホルモンバランスも安定するので、生理周期がカレンダーのように規則正しく来るようになり、スケジュール管理がしやすくなります。
同時に、経血量がぐっと減少するので、生理痛の緩和、貧血、頭痛なども改善されていきます。