オートローンの選び方について

NO IMAGE

オートローンには「オートクレジット」と「マイカーローン」あります。

「オートクレジット」はディーラーや信販会社が取り扱っているローンで、申し込みから審査までがスピーディーなのが特徴です。
ただし、当然デメリットもあり、まずは「マイカーローン」と比べると金利が高くなります。
さらに、返済完了までの間はディーラーや信販会社に車の所有権があります。

「マイカーローン」は銀行やJA、信用金庫が取り扱っているマイカーローンです。
「オートクレジット」と比べると金利が低く設定されていて、購入した時点から所有権が購入者にあります。
ただ、デメリットとして、審査に時間が掛かってしまいます。
また、手続きが面倒というのも「マイカーローン」のデメリットになります。

融資の申し込み時に必要となる書類はどちらのローンも基本的には同じで、
本人確認書類(免許証など)、収入が確認するための源泉徴収票、住民票、車の購入証明書類などが必要となります。

また、近年では「残価設定型リース」を進化させた「残価設定型ローン」も用意されています。

「残価」とは車の将来的な予測価格のことです。
新車を購入する際に「残価」を予測して、その額を差し引いた価格で組むローンが「残価設定型ローン」です。
ローンが終了したタイミングで、
・予定通りに車を手放して契約を終了するのか
・車を下取りに出して別の新しい車を購入するのか
・残りの金額を一括、またはローンで払ってそのまま購入するか
などを改めて選択し直すことができます。

月々の支払金額を減らせるリースと購入金額を支払って車を購入者自身のモノできるというメリットを併せた商品となっています。

ローンカテゴリの最新記事